さようなら横浜ベイブリッジスカイウォーク('10/08/08)

ベイブリッジをくぐる客船を間近に見ることのできる素晴らしいビューポイント、横浜ベイブリッジスカイウォーク
http://www.skywalk.city.yokohama.jp/index.html
が、来る9月26日(日)をもって営業休止となります。

まずは、10:00~17:00という営業時間と、
横浜港客船入港予定(2010年スケジュール)の入港、出港時間を見比べてみてください。
http://www.city.yokohama.jp/me/port/cruise/schedule/2010.html

入港が10時より前、出港が17時よりも後というパターンが圧倒的に多いですね。
ベイブリッジをくぐるのは、入港30分前、出港20~30分後あたりですから、入港客船が橋をくぐってから営業を始め、
出港客船が橋をくぐる前に営業を終了するという、まったくナンセンスな営業時間なのです。

いくら休止前とはいえ、これではせっかくのビューポイントが全く台無しとしか言いようがない。
大さん橋でさえ客船の有無で人出が大幅に変わるのですから、客船が通らない時間帯にいくら開けていても
お客さんは来ないと思います。

以前は桜木町、山下公園からのバスがあり、
日本郵船歴史資料館→大さん橋→山下公園→氷川丸→ベイブリッジのはしご
という、客船ファン垂涎?のイベントも可能でしたが、現在は鶴見駅からのバスのみ。

その唯一の手段となってしまったバスも1時間に1本しかなく、スカイウォークのすぐ近くを通るのに、先にある
大黒海つり公園まで行って帰り道に寄るので、直行なら20分で行けるところが、33分もかかっています。

結局、大さん橋から鶴見経由でスカイウォークまでは片道1時間以上かかるので、よほどの人でなければ、
大さん橋や山下公園とスカイウォークを行き来しようという気にはとてもなれないですね。

さて、新装なったにっぽん丸をまだ撮影していないこともあって、今朝出かけてきました。
すでに営業日は土日祝日に限定されており、先ほど再度客船入港予定を調べてみたら、なんと

横浜港を出港する客船をスカイウォークから撮影できる最後のチャンス!!

だったんですね。

今日の晴れの予報を信じて、快晴だった昨日の入港をパスしたら、朝からなんか曇ってる。
朝の時点では今日がラストチャンスとは知らなかったので、行こうかどうか迷いましたが、行ってきてよかった。
でも、出港風景を撮影できる最後の日というのに、お年寄りの団体さん以外には、船めあてと思しきカメラマンは
ほんとにごく少数でした。

ちなみに、スカイウォークからの飛鳥Ⅱ(うちのブログ名の由来となった客船)出港風景は、世界一周に出発した
4月4日(日)がラストになりました。
http://asuka2.at.webry.info/201004/article_3.html
よくぞ行っておいた。

あと残されているのは、休止の前日の9月25日(土)11:00、飛鳥Ⅱの入港だけ。
せめて富士山がきれいに見えれば最後のいい思い出になるのですが。

では、画像を。

画像

まずは10:00鶴見駅前発の17系統に乗車。往路、スカイウォークにいちばん近い「大黒ふ頭」で下車。
スカイウォークまでは徒歩5分もかからず、10:25ごろ到着。

画像

2階で入場券を買って、4階に上がります。
スカイラウンジ(展望室)は、こちらから2本目の橋脚にあり、
客船は、この橋脚のむこうを通ります。

画像

スカイプロムナードは、海面からかなり高いところにありますが、真下が見えにくいようにものものしく包囲されており、高所恐怖症の人にも優しい作りです。
撮影の支障にならないよう、金属製のネットの一部が切り取ってあります。

以下の画像、最後の1枚を除いてすべてこのスカイプロムナードから撮影しています。

画像

画面左にある、緑色の丘のようなところが大さん橋です。
にっぽん丸はむこう側(新港側)に停泊しているので、煙突と船体の一部しか見えません。
大さん橋の手前側に停泊している小さい船は「ロイヤルウィング」です。

画像

出港時刻は11:00。これはその10分後の画像です。
曇ってはいましたが空気は澄んでいたようで、対岸のみなとみらいの建物もくっきり見えましたし、
富士山も一部見えています。

画像

反時計回りに旋回して、いよいよ出発です。
ホワイトバランスは「太陽光」と「曇天」に迷う状況だったので、両方で撮ってみました。
青白いほうは「太陽光」、その他は「曇天」です。
出港前にPLフィルターをつけてテスト撮影してみましたが、どうもシャープさが落ちるような気がするので、
フィルターをつけないで撮影しました。

画像

これで快晴だったら、絵葉書にできそうな構図です。
今日は天気こそイマイチですが、それでもこれだけいい感じにまとめることができました。

画像

なぜスカイプロムナードから撮影したかというと、こんなふうにサイドから狙いたかったからです。
なぜサイドから狙いたかったかというと、この船、正面がちに見るとあんまりカッコよくないからです。

真っ白だった船体も、改装によって個性的な雰囲気になりました。
ただ、飛鳥Ⅱの大きさに比べると、ほんとに小さいです。

画像

にっぽん丸はベイブリッジをくぐります。
私も激走して、つきあたりのスカイラウンジへ移動します。

画像

室内からガラス越しに撮っているので、ちょっと色が変です。

撮影を終えたのが11:26ころ。
すぐにスカイラウンジを出て、11:33発鶴見駅前行きのバスで引き揚げました。

大さん橋や山下公園に行くと、中華街でお昼を食べたり氷川丸を見学したりして1日じゅううろうろしていますが、
スカイウォークの周りには面白そうなところはなにもないので、おとなしく帰路に。
13時過ぎには帰宅するという、スピード帰宅でした。

さて、画像をご覧いただけるとおわかりいただけると思いますが、日本国内で客船を撮影するのに、これほど
恵まれた立地条件を持つ撮影スポットはめったにないと思います。
もしかしたら、国内最高かもしれません。

これだけの設備とロケーションです。
このまま営業をやめるのはあまりにももったいない。
なんとか、不便すぎるアクセスや営業時間を改善して、マリンタワーのように復活してほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

sasa-jea
2010年08月12日 01:31
スカイウォークの閉鎖はまだまだ先だと思っていましたが、なんと出港シーンを撮影できるチャンスがもうないとは!こないだ飛鳥Ⅱ撮影しておいて良かったです。
2010年08月13日 08:10
sasa-jeaさん、こんにちは。
みなとみらいのクリスマスライトアップを揺れる橋の上から狙ったり、橋を車で渡ってる最中に真下を飛鳥Ⅱがくぐってたりしたのも懐かしい思い出ですね。

復活を期待したいです。

この記事へのトラックバック