「さくらラッピングこまち」撮影記その2 東京タワー+桜・211系も('12/04/07)

桜のラッピングをまとったE3系「こまち」
http://www.jreast.co.jp/press/2011/20120309.pdf

ラッピング車両というのはその性格上、とにかく目立つことが最も重要であることは理解できるのだけれど、
それにしても、どれもこれもこれ見よがしなものが多く、一言で表現するならば「下品」なものが多いんですね。

そんな中登場した「さくらラッピング」新幹線は、その少々控えめな存在感が他にはない品のよさを演出し、
歴代のラッピング車両の中でも飛び抜けてセンスがよく完成度の高いデザインに仕上がっていました。

なかでもE3系は、「こまち」の和風のロゴと桜の花が見事にマッチして、これには「一目ぼれ」。

最初のうちは秋田支社のHPにあった運行情報の存在も知らず、とにかくホームで待機するのみでした。
残念ながらこの運行情報には火曜日~土曜日の情報しか掲載されず、日曜日は毎回ダメもとだったのですが、
こういうレアものはむしろ「いつ来るかわからない」ところにこそ、その面白さがあるわけで、情報がないことを
逆に楽しんで待機してました。

4月1日の初撮影以来、結局4月7、8、15、28、30日、5月12、13、20日、そして最終日となった26日まで
計9回も撮影に出かけました。

第1回/4月1日の記事はこちらをご覧ください→http://asuka2.at.webry.info/201204/article_3.html

第2回/4月7日
この日は大忙し。

20番線11:08着「はやて・こまち16号」にマニアうようにうちを出ましたが・・・

画像

U8+R22編成、残念ながらハズレ。

うろうろしていると、ちょうど、東京11:32発の快速アクティー3757Mが引退間近の211系ではありませんか!

画像

早速田町まで移動、迎撃します。

画像

画像

N1+N55編成。
この日はまだ引退まで時間があったためか、田町での撮影も楽勝でした。

さて、20番線13:08着「はやて・こまち20号」にはまだ少し時間があるので、改札入りなおして浜松町へ。
お目当ては東京タワー+桜。

画像

増上寺前にて。期待できそうです。

画像

これ、悪くないんですけどね。第1展望台の左下にゴミが写ってます。
というわけで、この日撮影した多くのコマがボツになりました・・・。

画像

11時頃は雲もなく快晴だったのに、だんだん雲が増えてきました。
今日はもうダメですね。

というわけで、東京駅へ戻ります。
20番線13:08着「はやて・こまち20号」を迎え撃ちます。

画像

E5系(U11編成) はいい感じに撮れました、あとは肝心のE3系ですが・・・

画像

E3系はR3編成。またまたハズレ。
そりゃあ、何の情報もないのですから、しょうがない。

で、次の21番線14:08着「はやて・こまち22号」まで、いろいろ撮影しながら待ちます。
さあ、どうでしょうか!
列車がいないことを確認して22番線へ。

画像

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
U4+R20編成です。

やはり、「こまち」ロゴと桜のコラボがこの「さくらラッピングこまち」のハイライトですね。
なんという見事なマッチングでしょう!
初めからこのデザインで登場したと言っても誰も疑わないでしょう。

何か、乗客の輝かしい門出を祝ってくれているかのようで、素敵です。

それでは、「さくらラッピングこまち」をさまざまな角度から見ていきましょう。

画像

E3系の華はやはり11号車E311。
東京駅では全列車併結となっていますが、こちらからの構図も押さえておきたいです。
ただ、この構図では側面の桜のラッピングがいまひとつ存在感がなくなってしまうんですね。

画像

「こまち」ロゴをメインにすると、こんな感じになるでしょうか。
併結相手のE5系を一緒に収められるのがいいですね。

画像

秋田寄りの16号車E322です。
駅での撮影はじっくり取り組めるのがメリットですが、真横からの撮影は難しいです。

画像

ちょっと横に寄ってみました。
この桜には、きっと復興への思いが込められているのでしょう。

画像

秋田新幹線は開業15周年。

画像

12号車です。車両ごとに微妙に異なるようです。

さて、この「はやて・こまち22号」は、14:08に到着してから回送で発車するまで、約20分停車しています。
22番線には14:20に「Maxとき324号」が到着しますが、8両編成のため「こまち」の撮影には支障はなく、
もっとも撮影向きの列車と言えるでしょう。

というわけで、この日以降、この列車は要チェックとなりました。

さて、この日は薄曇りの天気だったので、今思えばむしろ撮影に適していたのですが、やはり青空と桜の
組み合わせのほうがいい。
それに、目で見た感じに比べて、画像ではどうも桜の存在感が薄い。

こうやって細かくチェックしだすと、やはりまた撮影に来なければならない気分になってしまうのです。

この日はこの後、E2系のラッピング編成もやってきました。

画像

画像

画像

これは、桜が存在感なさすぎる・・・。
そんなはずないんだけど、車体の色の関係かな。

せっかくなら、E2系とE3系のダブルさくらラッピング編成を見たい!
というわけで、東京タワーの桜のリベンジも兼ねて、翌日もまた撮影に出かけることになりました。

翌日の記録は、「さくらラッピングこまち」撮影記その3
http://asuka2.at.webry.info/201206/article_2.html
をご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック