ありがとう、そしてさようなら「土筆」

本郷、東大赤門からほど近いところにあった和食のお店「土筆」さんが、先日店を閉められました。

本郷界隈は有名チェーン店のひしめく激戦区。
吉野家とすき家以外はあると言ってもいいでしょう。
マック、モスバーガー、松屋、なか卯、CoCo壱番屋、日高屋、やよい軒、などなど。

ただ、落ち着いて(←ここ重要)和食が食べられるお店というのは非常に少なかったんですね。
そんな中、待望の和食のお店としてオープンした「土筆」さん、開店後間もないころからお世話になりました。
小さいながらも清潔感のある店内、個人のお店ならではのアットホームな感じがよかったですね。

画像

チェーン店がひしめく中、ご夫婦での経営は、地道な口コミだけが頼りの、まさに孤軍奮闘だったと思います。
初めの頃は、正直大丈夫かなと思ったものでしたが、少しずつ常連さんも増え、シーズンには貸切で
お店に入れないことも少なくありませんでした。

ただ、お魚がメインのお店だけに、昨年の東日本大震災の後、しばらくメニューが減ってしまったようで、
お店を続けていくにはいろいろとご苦労もあったのだろうと思います。

お店を出るお客さんに「ありがとうございました。またお越しください。」と声をかけていた奥さんでしたが、
閉店が決まってからは「またお越しください。」がなくなってしまい寂しかったのを覚えています。

たくさんのお客さんが、「おいしかった」と言って店を出るというのに、どうして閉店に・・・と悔しく思ったのは
私だけではないでしょう。

それでは、これまで撮りためた?画像を公開します。

「土筆」さんでいちばん頼んだ回数の多いメニュー、たぶん「ボイルホタテ酢みそつき」のはずです。
画像が2枚だけ残っていました!!

画像

画像

いつもプリプリ!でした。

一時期メニューから消えてしまって、どうしてかしらと思っていたら、なかなか思うような大きさのものを
コンスタントに手に入れることができなかったそうです。
このあたりにも、ご主人さんのこだわりを感じ取ることができます。

画像

鰆の西京焼、かつおのたたき、たけのこごはん、たまごどうふ、まさにオールスターキャストです。

これら3枚はすべて2012年5月11日撮影、この日は、一回目の「最終日」でした。
というわけで、懐かしいメニューをすべて頼んだのでした。

さて、店じまいだけは決めたけれども、後釜の業者さんが見つからないとかで、10日ほど後に奇跡の復活!
8月15日がほんとの最終日となりました。

画像

いちばん古い画像は2008年1月のもの。ホタテの照り焼きですね。
「土筆」でごちそうになるホタテはほんとうにおいしかった。

画像

これはレアもの。カレー鍋。

画像

画像

画像

冬の寒い日はお鍋をよくいただきました。
お鍋の具は日替わりで微妙に変わっていました。

画像

これは白身のフライかな。

画像

天ぷら定食もお気に入りのメニューでした。

画像

お刺身(何だっけ?)、さすが割烹で長く修行されたという職人さんらしい盛りつけです。

画像

海鮮丼。

画像

たら鍋には毎回まったりした白子がたっぷり入っていました。

画像

これも意外にレアものだったヒレカツ定食。
おみそ汁の代わりに豚汁をつけてもらうこともできました。

画像

お刺身(これ何だっけ?) これも季節限定のたけのこごはんです。

画像

またまた天ぷら定食。

画像

初夏の名物といえば、富山湾のホタルイカ。これも酢みそでいただきました。

画像

さあ、いよいよ登場、「土筆」名物のほうとうです。
ご主人のご実家が山梨とのことで、定番メニューでした。

画像

同じ日にいただいた、まぐろの山かけです。

画像

意外にレアだったのが、この煮込みハンバーグ定食。
お肉がやわらかくておいしかったですね。
ついでに、サラダのドレッシングがめちゃくちゃおいしかった。

画像

創作料理が得意なご主人らしく、いろいろな新メニューをごちそうになりました。
これは、旬の野菜とプリプリのえびをスープのゼリーで固めたもの、和風生春巻きといったところでしょうか。
味も食感もはっきり覚えています。

画像

画像

かつおのシーズンになるといつも登場したのが、かつおのたたき定食。

東電の犯罪的な無責任経営のせいで、かつおを安心して食べることができなくなってしまった。
でも、「土筆」に入ってメニューに載っていると、やっぱり頼んでしまうのでした。

さて、いよいよ閉店が決まってからは、できるだけ「土筆」で食事をとりました。
夏の定番メニューがこの2つ。

画像

うな丼です。たまごどうふがまたおいしかった。

画像

夏野菜のカレー、まろやかでおいしかったです。

この2枚だけはソニーの最新型DSC-RX100で撮影しています。
ちなみに、一緒に写っている愛機F905iはこの3日後にヒンジが壊れて引退しました。

画像

おまけで出していただいた桃、これまたおいしかった。

画像

いなだの煮付け、この日は昼も夜もいなだでした。

画像

画像

閉店前日、「土筆」でいただいた最後のメニューは、定番のてんぷら定食でした。
いちごアイスをつけていただきました。

こうして振り返ると、印象に残るメニューはだいたいご紹介できたと思います。
最初にも書いたとおり、本郷という激戦区の中で個人でお店をやってこられて、たいへんな苦労もあったと
思います。次々と大手チェーン店が開店する中、むしろ、よくここまで続けてこられたなとさえ思います。

腕のあるご主人ですから、いつの日か「土筆Ⅱ」が開店することを祈っています。
長い間、ほんとうにお世話になりました。
ありがとう、そしてさようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック