クイーン・メリー2(Queen Mary 2)が横浜港に初寄港('09/03/06)

先週の金曜日、横浜港にクイーン・メリー2(Queen Mary 2)が初寄港しました。

イギリスのキュナード社が誇る、2004年に就航した、世界最大級の豪華客船です。
http://www.cunard.com/ourships/default.asp?ship=QM2
日本でもおなじみの、クイーン・エリザベスⅡ世の後継船です。

全長345m、総トン数約15万トン、全高72mというとてつもない寸法の船で、ベイブリッジをくぐれないため、
山下ふ頭の大桟橋ではなく、大黒ふ頭に着岸しました。

当日は午後どうしても休めない仕事が入っていたので、午前中だけ休暇をとって撮影に行ってきました。
前日は快晴で素晴らしい天気だったのに、入港当日は朝から寒い雨の1日、
しかも昼にかけて雨が次第に激しくなるとの予報。

撮影のコンディションとしては最悪な状況が予想されましたが、とりあえず早起きしました。

早朝4:30に起床、支度をして5:09本郷三丁目発の丸の内線で出撃。
ケータイの「乗換案内」では、東京からは京浜東北線で桜木町着が6:08でした。
しかし、時刻表を調べたら、5:20発の東海道線に乗れば10分早く着くことが判明。

東京駅で激走して乗換え。

画像

373系で出発です。

横浜で京浜東北線に乗り換え、5:58に桜木町着。
シャトルバス乗り場には、すでに200人以上と思われる行列が・・・。

これはしばらく待たされそうです。

友人のSS爺氏からシャトルバスの情報を教えてもらっていました。
ただ、いろいろ忙しく、それ以上の詳しい情報は把握していませんでした。
結果的には、鶴見からスカイウォークまでバスに乗って歩くのが最速だったようです。

さて、数百人の行列にもかかわらず、55人乗りのチャーターバスが10分おきに来るだけ。

画像

6:25でこのありさま。

ここに並んでいる人の多くは、早起きして7:00の入港を見に来たはずですから、
もうちょっとバスの運行を工夫してほしいものでした。

画像

6:37でこのありさま。
もう7:00にはとても間に合いません。

実際には大黒ふ頭にはバス以外でもアクセス可能だったらしいのですが、
タクシー代も予想つかないし、おとなしくバスを待ちました。
そう言えば、一緒に見に行くはずだったSS爺氏からは一向に返信が来ない。
これは爆睡中だわ・・・。

ようやく6:52に「今起きた」メールが来て寝坊が発覚。
今日は完全な別行動になりそうです。

画像

やっと乗れる。寒かった。
私が乗ったバスが桜木町を発車したのは7:05。1時間以上並びました。
桜木町で降りたときにHOTのペットボトル買っておけばよかった。

スカイウォーク経由で、7:35過ぎに大黒ふ頭に到着。
思っていたほどはデカさが感じられない。

決して、小さいという意味ではないのだけれど、デカい!!という感動が今ひとつない。

画像

そうは言っても、大型の観光バスと大きさを比べれば、この客船がいかに巨大であるか、思い知らされますね。
ちなみに左のほうに写っている緑色の箱は仮設トイレです。
もう少し場所を考えて置いてほしいものです。

現地は雨がやや横なぐり気味に降っており、めちゃくちゃ寒かった。
しかも避難場所は徒歩10分ほどのスカイウォークしかない。

そのため、私のバスが着いた時には、すでに帰りの見学者がバス待ちの行列を作っていました。
手前の人々は、見学中ではなく、帰りのバスを待つ人たちです。

画像

手前に何もないほうがきれいな写真が撮れることくらいわかっていましたが、
とてもじゃないけど、観光バスがすべて出発するまで待てるような天気ではありませんでした。
どうしてもカメラと上半身に注意が行くので、ひざから下はビショビショ。

ここでもまた、警備員が絶妙なところに立っているので撮影に苦労しました・・・。

画像

ちなみに、手前の富士急のバスは、日野の新型セレガスーパーハイデッカーです。
どの角度から見ても絵になる、観光バス史上最高のデザインです。
停まっているのに、今にも動き出しそうなダイナミズムにあふれています。

救命ボートがなければ、まるで巨大なリゾートホテルか高級マンションという感じですね。

画像

帰りのバスを待つ列に並んで撮影。

8:50くらいに帰りのバスに乗り、桜木町へ。
途中、自分のいびきで何度も目が覚めました(苦笑)
9:28発の京浜東北線が、数分遅れて到着。
横浜で東海道線に乗り換えるため、先頭車に乗りました。

横浜駅に着くと、東海道線の下りホームにマニアの集団が。
何だ?と思っていると、次の瞬間、列車が入ってきました!!

画像

そうです。14日で廃止になる「富士・はやぶさ」の上り列車を待ち構えていたのです。
これはラッキーです。電車を降りたのとほぼ同時の出来事。
これはもう、神様が仕組んだ奇跡です。

画像

とりあえず撮影。
直後の上り東海道線で東京へ向かい、ちょっとマニア活動をしてそのまま何食わぬ顔をして職場へ向かいました。

"クイーン・メリー2(Queen Mary 2)が横浜港に初寄港('09/03/06)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント