さようなら石丸電気レコードセンター('10/04/04)

石丸電気3号店レコードセンターと言えば、知る人ぞ知る神懸かり的なお店でした。
お茶の水から見える赤い「レコード」のネオンがシンボルのお店です。

画像

'10年3月30日、お茶の水橋から撮影。
「レコード」の下には、「石丸電気③」とあります。
石丸電気と言えば、昔は秋葉原の象徴みたいな存在でしたね。

http://www1.edion.co.jp/CGI/store/result.cgi?store_cd=4728&brand_cd=06&category=d

外資系の大手CD店が続々と登場してもなお、国内盤クラシックやアニメ・特撮サントラについては、他の追随を
許さない圧倒的な品揃えを誇り、私は「石丸になければ日本中どこにもない」とさえ思っていました。

この3号店レコードセンターは、ISHIMARU SOFT3という店舗名に改称された後、ishimaru soft ジャズ&クラシック
としてクラシックとジャズの専門店となりましたが、4月4日で閉店し、4月6日からは向かいにあるishimaru soft本店(旧2号店)6階に新規オープンされました。

ヨドバシアキバの進出以降、お客さんの数が非常に少なくなっていたし、駅から一番遠いSOFT1が以前閉店した
こともあり、気にはなっていたのですが、残念ながらその心配が的中してしまいました…。

平成元年、大学入学のために上京以来、20年以上にわたってお世話になってきた私としては、
ほんとうにさびしい限りです。

あのCDもこのCDもここで買ったなあ…

20年前はまだ大学の生協にクラシックCD売り場がきちんとあって、新譜はそこで安く買いましたが、
いろいろと開拓するには専門店に行くしかありませんでした。

某CD店の「PAY HERE」という「命令形」が不愉快極まりなかった上に(最近はPLEASEがついた!)、
愛想のないバイト店員ばかりで買物をする気にもなれず、大学が秋葉原から比較的近かったこともあり、
CDを買うときはいつも石丸に足を運びました。

それに、なにより、レコードセンター3階国内盤クラシックCDフロアには、すばらしい店員さんがいました。

画像

'93年11月6日に発売されたこのCD、11月下旬の発売と勘違いして発売から1ヶ月ほどたってから買いに行ったら、
レジ横の新譜コーナーにない。

あれ、ゲルギエフだし(当時はまだそれほどメジャーじゃなかった)、1812だし、スルーされてるのかなと思いつつ
レジにいた店員のYさんに、「ゲルギエフの1812とかが入ったCDありませんか?」と聞いてみました。

すると、2号店だったかに在庫照会の連絡を入れてくれたのですが、このときYさんは、雑誌やカタログで確認
することもなく、いきなり

「在庫照会お願いします。PHCP-5186・・・」

え!!!!!!!

なんと、Yさんは、私が探していたCDを特定しただけでなく、番号を正確に記憶していたのです!!

この瞬間の感動は今も忘れません。
そして、この瞬間を思い出すたび、あの感動がよみがえってきます。

これこそ、究極のプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい。
40年ちょっとの人生の中で、これほどプロフェッショナルのすごさに圧倒されたことはそうそうありません。
Yさんはこれだけの知識を持つ店員さんながら、穏やかで丁寧な接客ぶりで、非常に好感の持てる方でした。

「カワサキヤ」さんのコメントを読ませていただいてびっくりしたのですが、私もこのYさんがカウンターに
いらっしゃる時はどうしてもYさんにレジをお願いしたくて、わざわざタイミングを狙ったものでした。
昔は新譜の発売時期にはカウンターの前にずらりと行列ができることも珍しくなく、読みが外れて他の店員さんに
当たった時はちょっとがっかり?したものでした。

プロとは何か、心に迷いが出てきたときは、今もこのYさんのことを思い出すようにしています。

そう、昔はこんな店員さんがいたのです。
安い高いではない、この人から買いたい、そう思えるほど素晴らしい店員さんがいたのです。
人からものを買うという手続きそのものが目的になるような、そんな素敵な文化が、この日本にはあったのです。

そんな文化をぶち壊してしまったのはいったいどこの誰なのでしょうか…。

画像

4月4日、営業最終日のレコードセンターです。
この入口からお店に入るときは、ちょっとしたワクワク感がありましたね。

画像

この日、最後に買ったCDは、メータ/ウィーン・フィルの「復活」。
もちろん、あの活気あふれるレコードセンターの復活を期待しての願掛けです。

画像

18:22撮影。あと40分で長い長い栄光の歴史に幕を閉じます。
取扱商品が変わっても、「レコード」のネオンのままで残ってくれたことがなぜかうれしかった。
決して大きなフロアではなかったけど、圧倒的な品揃え、店員さんのレベル、どちらも文句なしに日本一だった
のではないでしょうか。

石丸電気レコードセンター、長い間ほんとうにお世話になりました。

"さようなら石丸電気レコードセンター('10/04/04)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント