「飛鳥Ⅱ」と「ぱしふぃっく びいなす」の同時出港('12/08/26)

この夏はちょっとした試験を2つ受けなければならなかったこともあり、その準備もあって遠出は自粛、
この日が初めての出撃となりました。

横浜港に出入港する客船の情報は下記で確認できます。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/schedule/20111102200949.html

ここで重要になるのは、客船の入港日、出港日だけではありません。
いちばん重要なのは、その時刻なのです。

大さん橋は北東から南西の方向に位置していますので、おおよそ午前中は山下公園側、午後は
赤レンガ倉庫側からが順光になります。下記のライブカメラで、大さん橋のどちら側に停泊しているかを
確認して、スケジュールを立てることもあります。
http://www.osanbashi.com/arrival/index.html

出入港を撮影する場合も、朝方ならば大黒ふ頭から、午後は大さん橋から撮影するのが順光になります。

さて、たまに、ほんとにたまにですが、2隻の客船の入港時刻や出港時刻が同じになることがあります。
この日は、「飛鳥Ⅱ」と「ぱしふぃっく びいなす」がいずれも17:00出港ということで、ちょっとワクワク。

ちなみに、2隻の同時出港は、4月2日にも見られました。
http://asuka2.at.webry.info/201204/article_1.html
このときは2隻がいい感じで絡んでくれたのでダイナミックな出港シーンを堪能することができました。

うちでCD聴きまくってたせいで、撮影場所到着は出港の10分前。SS爺氏がすでにスタンバってました。
日が傾き始めるこの時間帯は、被写体に光がよく当たるので、撮影に一番適しているんです。
白い客船の鮮やかな姿をお楽しみください。

画像

「飛鳥Ⅱ」のこのシャープなライン、いつ見てもカッコいいですね。
最近の大型客船はデカすぎてダメです。

画像

むこう側の「ぱしふぃっく びいなす」が先に出港します。

画像

向きを変えます。
いつも反時計まわりですが、これは決まりがあるのでしょうか。

画像

同じコマのトリミングです。
デッキにはたくさんの人!
ちなみにこのクルーズは、夏休み横浜・神戸ゆったりワンナイトクルーズ
http://www.venus-cruise.co.jp/plan/plan.html?seq=36&
このお値段なら、クルーズ入門編としていいかも。

画像

さあ、出発です。タイミング悪く日が陰ってしまいましたorz。
正面に見えるのは横浜港ベイブリッジです。

画像

飛鳥Ⅱも出港、2隻の豪華客船の競演です!
同時出港はこういう写真が撮れるのがいい。

画像

賑わう横浜港。
先発の「ぱしふぃっく びいなす」の手前に舳先だけ見えているのは、横浜港遊覧船「マリーン シャトル」
手前の平べったいのは「シーバス」、後方のお客さんはせっかくの競演に気がついてない様子で、なんとも
もったいない限りです。

ところで、この画像、こんなにいい天気なのに、手前だけが日陰になっています。
これは雲のせいではなく、太陽がちょうどランドマークタワーに隠れてしまった!からなんですね。

画像

2隻のツーショットはここまでお預けorz。
なかなか二人だけにさせてもらえなかった五代くんと管理人さんを思い出してしまいました。

画像

「飛鳥Ⅱ」のアップです。船にはほかの乗り物にはないロマンがありますね。
お尻の黒い汚れ、タグボートのゴムの接触痕でしょうか。
ちなみに、この日のクルーズは夏の横浜ワンナイトクルーズ
http://www.asukacruise.co.jp/schedule/document/
プライベートバルコニーのついた部屋で一人一泊7万円、乗ってみたい!

画像

「飛鳥Ⅱ」とベイブリッジ。白く輝く船体と橋、順光ならではの日の当たり具合です。
橋脚の下のほうにあるまるい構造物、2年前に閉鎖された「スカイウォーク」の展望台です。
当ブログでも、ここから撮影した画像を紹介してきましたが、閉鎖はほんとうに残念です。
http://asuka2.at.webry.info/201008/article_2.html
http://asuka2.at.webry.info/201009/article_7.html

どうせ維持費がかかるなら開放してくれればいいのに。

画像

こんどは、横浜港遊覧船「ロイヤル ウィング」がやってきました。
レトロな客船のイメージで設計されたようですね。

この船、伊豆諸島への足である東海汽船の「かとれあ丸」と同じくらいの大きさです。
「ロイヤル ウィング」が大きいのか、「かとれあ丸」が小さいのか・・・。

画像

またまた「シーバス」が来ました。
みんな客船には興味ないのかな。

ひと通り撮影を終えてきょろきょろしていると、新港埠頭に見事なマストが。
これは何かデカいのが泊まっているぞ。

画像

日本丸でした。

この日はこれにて解散、という感じだったのですが、「コーラが飲みたい」というSS爺氏につきあい、大さん橋
方向へ向かいました。無事にコーラにありつき大満足のSS爺氏。
西の空がいい感じだったので、よーく見てみると、なんと、富士山が!

というわけで、大さん橋で爆撮。

画像

今年の夏は、夕暮れ時に富士山のシルエットがくっきり見える日が多かったですね。
空気が澄んでいるのでしょうか。

画像

この日はあかく染まった雲が素敵でした。
写真中央に富士山が見えます。

画像

客船だけ撮りに来たので全く準備してませんでしたが、この日の夕景は素晴らしかったです。
三脚なしでがんばって撮りましたがブレばかり。
かろうじて許容範囲なのがこれ。

みなとみらい+富士山、なかなかいい感じで撮れました。

ちなみに、現地で適正露出で撮影するとシャッタースピードが遅くなってしまい、ブレてしまうので、
少々アンダーで撮影しておいて、うちで露出補正したほうがいいかもしれません。

まだおなかがすいていないというSS爺氏とはここでお別れ。
中華街に寄らずに帰宅、明蘭餐庁が懐かしく感じられました。

素晴らしいコンディションに恵まれ、短い時間ながら撮影を存分に楽しめました。 

"「飛鳥Ⅱ」と「ぱしふぃっく びいなす」の同時出港('12/08/26)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント