北海道旅行記('10/09/30~10/03)第8話 4日目後編:完結編!

さて、「ミフネ」さんでおいしいラーメンとたこ足をいただき、毛ガニもゲット。
このあと、店から見えたさっきの下り坂の横の道を登って、高台から撮影することにしました。

画像

手前に見えるのが「ミフネ」さん。
右手には馬主来(パシクル)沼があります。

画像

昨日みたいな天気だったらいい写真が撮れただろうに。
さて、1つ上の画像を拡大してみると・・・

画像

左端奥に、襟裳岬らしき陸地が。
その手前に、薄い板のような陸地が見えますが、これはどこなんでしょう?
と思って地図を見てみましたが、わからずじまい。

画像

さて、根室本線はこの画像右下から国道38号線をくぐって海側に出ます。
このあたりで列車を撮影することにします。
白糠14:14発の普通帯広行きを狙います。


さて、列車がやってきました。
ちょうどカーブのあたりでシャッターを切ろうと思ったら、あろうことか、メモリーがいっぱい!!
確かに今回の旅行は思い出に残る画像(メモリー)がいっぱいなんだけどさ、このタイミングでこれはないよ。

というわけで、あわてて何枚か削除して、やっとぎりぎり撮ったのがこれ。

画像

カーブを通過してつまんない姿勢だし、海が少ししか入ってないし。

画像

ポールにかかってるし、海写ってないし。

まあ普通列車だったし、いいや。
で、国道に戻って走っていたら、この列車に追いついてしまいました!
ちょうど直別駅で止まっていたので駅前に車を停めて大急ぎで撮影。

画像

画像

直別駅はログハウス風の駅舎。
望遠レンズつけてたので、これだけ。

この後、国道38号線は線路から遠ざかっていきます。
そのため、直別を出てすぐ左手の一般道道1038号線に入り、引き続き線路沿いを走ります。

しばらくして視界が開けてきました。
いい感じのカーブと海かな。



次にやってくるのは白糠15:24発のスーパーおおぞら5号(昨日お昼に新得で撮った列車)です。
行程上、これが最後の列車になります。
白糠から直別まで普通で約30分、ということは、特急なら約20分くらいか。

うむ、パッと見の印象と異なり、必ずしも撮影向きの場所じゃないですね。
列車はいいところを走っているけど、それを捉える見通しのいい足場がない。
でも、ここからまた動くとマニアわないかもしれないから、ここで待機するほうがいいのではと判断して待機。

で、15:04、予想した時刻よりちょっと待たされてから現れました!

画像

えらい勢いで傾きますねえ。

画像

形式写真を撮るつもりではなかったけど、後ろが切れてるのはダメですね。

画像

こちらも手前の橋に被ってるし。

まあ、なにも事前に下調べしてないし、東に移動しながら撮らなければならないから、ちょうど列車の時刻と
合いそうな場所で車を停めて撮影するしかなく、上手くいくほうがおかしいくらいです。

ちなみに、昨日、新得で昼に撮ったスーパーおおぞら5号の先頭車はキハ283-16、夕方撮った7号の先頭車は
キハ283-15、さっき白糠で撮った3号の先頭車はキハ283-2、そして今の列車はキハ283-14、というわけで、
すべて異なる編成ですね。

もう今日はこの辺でおしまいだな、という雰囲気で車に戻り、また国道に向けて走っていたら、えっ!!

画像

なんと、3連のキハ283系が!
なにこれ???と思いながら爆撮。

画像

普通ならこれじゃああきらめるしかないけど、α900は強い。
背面液晶を拡大表示してみたら、

画像

臨時列車でした。

これで撮影はおしまいです。
国道38号線に戻り、一路帯広駅をめざします。

帰りは帯広空港からですが、空港滞在の時間帯が遅く、売店もどの程度あるかわからない。
昨年の旅行の帰り、新千歳空港でお土産を買うつもりだったのに、閉店後に空港に到着してまったくお土産が
買えなかった!反省から、今回は早めに、確実にお土産を買っておこうと駅に向かった次第。

ここらあたりでSS爺氏の眠気が限界まで来ていたようで、駅でしばらく休憩を、と考えたのですが、なんかの
拍子に目が覚めたようで、結局お休みなしで空港まで向かうことになりました。

帯広駅の地下駐車場に車を停めて買物へ。
お土産専門のスーベニアキオスクを発見して、甥っ子たちに送るお土産も無事ゲット。

で、近くのみずほ銀行にお金をおろしに行ったら

画像

なんと、ぬかびら行きのバスが!!

思わず時間を戻したくなる瞬間です。
このバスに乗ったら、またぬかびらYHで泊まって!また三国峠に行ける!!

真剣にそう思ってしまうくらい、楽しい思い出がぎっしり詰まった旅行になったなと、改めて感じたのでした。

さて、駅を出たら、SS爺氏から、幸福駅に行きたいとの提案が。
空港に近いらしく、時間も余裕があるし、行ってみましょう。

途中から本降りの雨。
ここまで降らずにもったのが奇跡です。

こんな中で降りてもなあ・・・と思いながら車を走らせていたら、幸福駅がなんか光っている。
そう、ライトアップしていたのです!!
これは素晴らしい。

で、初めはがんばって手持ちで撮影してみましたが、やっぱりダメ。
そこで思いついたのが、照明の箱の上にカメラを置いて撮影する方法。
表面を拭いてからカメラを置けば、問題ない。

実際、これで撮影したら三脚なしでバッチリの成果。

画像

こちらは手前にあるキハ22-238。
傾いて写っていたので回転、顔が真っ暗だったのでシャドウを明るく修整しました。

画像

こちらはキハ22-221。ちなみに客室内にも入れます。

これであとは空港まですぐ・・・のはずが、空港の近くにガソリンスタンドがない!!
で、仕方なくさらに南下してGSを探しますが、いつまでたってもない。
で、今度は中札内ICから幸福ICまで高速を北上し、幸福駅の横を通ってさらに国道236号線を北上、大正近くまで走ってようやく1軒発見。

これで助かった!!

ただ、ここも営業時間は19:00まででしたから、空港にギリギリ着くような行程だったらアウトでしたね。

さて、余裕をもって移動していたはずだったのが、予想外に遠回りしたため、空港の営業所に19:00までに到着
できるか微妙な状況になっていました。
営業所に電話したほうがいいんでない?という私の声に耳を貸さないSS爺氏、きっと秘策があるのでしょう。
で、道道109号線で近道をして、かろうじてぎりぎりマニアいました。

搭乗手続きをして夕食、2階のレストランに入ります。
「ホテル大平原」とか書いてあるので、早速ケータイのネットで調べてみると、これはよさげな宿!!
http://www.daiheigen.com/
今回なぜかSS爺氏の選択肢に入らなかったそうですが、次回はぜひ泊まってみたいですね。

で、たのんだのは、十勝産牛和風ステーキ定食。

画像

お肉はもちろんですが、サラダの玉ねぎが絶品!!
この玉ねぎの味がすごくよかったので、売店で売っていた野菜詰め合わせを実家に送ることに決定!

北海道でのすべての行程が無事終了、土産もゲット。
思い残すことなく、飛行機に乗り込みます。

画像

座席は27GH。
座るとほとんどすぐにSS爺氏は爆睡。
機内で2人でビールでも飲みながらタコの足をいただこうかと思っていましたが、飛行中ずっと爆睡のSS爺氏、
確か着陸直前か、着陸のショックでお目覚め!でした。

羽田はなんか生温かい。
やっぱり北海道の空気はさわやか。

羽田から都心に向かう私はモノレール、横浜へ向かうSS爺氏は京急にそれぞれ乗りますから、ここでお別れ。
SS爺氏は都営5300に当たったそうで、かわいそ。

・・・・・・・・・・

こうして、私は4日間、SS爺氏は3日間の北海道旅行が終わりました。

2人で北海道を旅したのは5年ぶり、三国峠へ出かけたのは6年ぶりでした。
ここ数年は私は単独で北海道に出かけて、すべて公共交通機関で移動してきましたが、今回は久々にSS爺氏の
運転するレンタカーで旅ができました。

三国峠の日の出ツアーなど、車がなければ、いや、SS爺氏の存在なしには到底実現できないものでしたから、
ここで改めて、旅行中お世話になったSS爺氏に厚くお礼申し上げる次第です。

また、層雲峡YHの大泉さん、ぬかびらYHの塩崎さんには、昨年同様たいへんお世話になりました。

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック